【暇つぶしまとめサイト】みんなのアンテナ | Yahoo!JAPAN 今日のみんなのアンテナ

Yahoo!JAPANへ掲載されている「今日のみんなのアンテナ」。見忘れた方もいるんじゃないでしょうか?そんな方のためにみんなのアンテナを過去の分もまとめて掲載しています。電車の中や待ち時間などの暇つぶしにこのサイトをご覧ください!

Twitterリツイート「動画」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

Twitterリツイート「画像」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

みんなのアンテナ「知恵袋」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

『すすメルペイのキャンペーン』初めて登録・本人確認完了で1000ポイントプレゼント!登録時にキャンペーンコード「UMXFQZ」を入力ください。登録はこちら→

2018年9月14日(金)

  • 実家依存の姉がいるせいで実家に帰りたくありません。諦めて距離を置くしかないのでしょうか。

    私には結婚して家を出た姉が1人おり、私自身は他県で一人暮らしをしています。姉は結婚するまでずっと実家暮らしで、結婚後は実家から徒歩10分の場所で義兄と2人住まいです。

    私がたまに帰っても、姉がいつも実家にいるためおかしいとは思っていたのですが、聞けば毎日仕事の昼休みを実家に帰って過ごし(昼食は母が作ります)、仕事終わりも実家に帰ってきてゴロゴロしています。義兄が仕事が終わる頃合いで自分の家に帰りますが、夕飯は母がタッパーに入れて持たせています。これが毎日です。泊まりもしょっちゅうです。

    我が家の旅行や遠出には当たり前に姉がおり、たまに義兄を引っ張ってきて参加させます。が、姉は義兄側の実家には寄り付きもしません。うちの両親には姉宅の合鍵を渡しており、自由に出入りさせていますが、義兄側にはもちろん渡していません。

    何度かやり過ぎだと母に伝えましたが、近くに住んでくれているという思いがあり、母としても拒絶する気は無さそうです。この度その姉が妊娠し、まもなく出産ですが、妊娠発覚から今までずーっと実家で暮らしています。家事は全て母がしています。おそらく子どもが産まれたらもっと悪化するでしょう。

    なんだかその様を見るたび聞くたびに、どっと疲れるのです。どうしても異常だと口を挟みたくなってきます。自分のことも分け隔てなく両親は可愛がってくれているとは感じられますが、もしかすると姉への嫉妬も混じっているのでしょうか。両親が嫌がっていないなら、とも思うのですが、やはり家族だからこそ言わずにいられないのです。でもこのままでは悪い方向へ突き進む気がします。

    もう口を挟まずそっとしておいた方が良いのでしょうか?
  • 私はあなたの考えが正しいと思います。お姉様は子育てを理由にまず戻らないでしょう。お母様も孫が出来何でも協力。そして旦那に生活費を請求する。そのうち旦那が我慢出来ず喧嘩→別居→離婚。この流れでしょうね。

    まず実家依存は親離れ・子離れ出来ないんですから余程の事がない限り治りません。自立心がない人ほど多いですよね!いつまでもあると思うな親と金。
  • 引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12182134752

  • 旦那の実家(義両親)が苦手です。(長文です。)

    結婚半年で、同居はしていません。25歳、フルで働いている主婦です。義両親とは結婚当初、いろいろあって、”何があっても、誰に何を言われようとも、絶対に同居はしない。” という条件で籍を入れました。(旦那さんは優しくて、私の味方をしてくれます。)

    結婚当初から、旦那の実家(義両親)が苦手で、嫌いで、帰りたくありません。義両親の事を考えただけで、嫌で嫌で、たまらなくて涙が出てきます。

    毎年、お盆やお正月に帰らなければならないのは、仕方ないと思います。ですが、母の日、父の日、義両親の誕生日や結婚記念日、義母の実家で食事 などなど。。。勝手に予定を入れられて、まるで来るのが当たり前かのようになっているのが、我慢できなくなってきました。『来れそうだったら来てね。』 という言い方ならまだしも、『来るでしょ? 予定空けれるよね?』 みたいな言い方をされるのです。

    どうしても嫌なときは、体調不良や用事があると言って、行くのを避けていますが、最近は、誘われる事自体が嫌で、声を聞く事すら耐えられなくなってきました。。それに、私はフルで働いているので、休日は貴重な時間ですし、行くのが辛いときもあります。

    今年のお正月は、本当に体調が悪くて義母の実家での食事会を断ったのに、(旦那さんの実家での食事会は参加しました。)”顔見せるだけでもよいから、来てくれないと困る!”と言われて、車で40分くらいの距離を、1人で往復させられました。。。本当に辛かった。。。電話で声を聞くのすら嫌で嫌でたまらなくて、辛い状態なのです。

    このままでは、義両親の事が嫌いすぎて、旦那さんの事までも嫌になりそうで怖いです。離婚も考えたほうが良いのではと、旦那さんに相談してみましたが、『そんなに嫌だったら来なくていいから、離婚は考え直して!』と言われました。だけど、今でもモヤモヤして、眠れない日々が続いています。。。

    私が異常なのでしょうか?同じよう旦那さんの実家に帰りたくない方っていらっしゃいますか??どのように対応されていますか?
  • 私も同じ症状になった事あります。最初は我慢していましたが7年が過ぎた頃に心も体も異変を来たしたので主人に離婚して欲しいと願い出ました。夫婦で話し合った結果、主人が主人の方の身内の方全員を私たちの生活からシャットアウトしてくれるという事になりました。

    私は私で申し訳ない気持ちもありますが精神衛生上良くないのと、自分の子供にも悪影響(母親が安定していないと子供まで不安定になるので)恨まれてもいいという覚悟でそう決断しました。それからは一切旦那さんの実家に行っていませんし相手方もうちには来ません。こればかりはお互い人間なので合う合わないですから仕方がない事だと思っています。7年の間に色々とありましたが、何をするにもそれ相応の覚悟が必要なのだと思いました。

    幸いうちも優しい主人でしたのでこうして平穏な生活を送ることが出来るようになりましたがまずは、ご主人に本当に悩んでいてどのくらい自分達の生活に支障をきたしてしまっているかを相談されてはいかがでしょうか。

    無駄に距離が近すぎて、どんどん嫌いになっていく事よりもお互いにとって良い距離を保った方がこれからの為になるのかな・・・とは思います。
  • 引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1139195501

  • 嫁に家に帰りたくないと言われました。

    昨日、料理の仕方や料理の味付けを注意したところ喧嘩になってしまい、その後実家へ行き、母と妹へ相談したところ、母が嫁に料理を教えてあげようかと言いました。しかし嫁は今更何をやっても自分はダメですと言い、それに対し妹がそんなこと言ってたらいつまで経っても上手くならない、と言い、嫁が私なりに一生懸命やっているが、ダメなんです、と言ったら妹や母が誰にも教わらないから上手くならないだ、自分たちも下手だったけど、母親に教えてもらって上手くなったんだと言ったら、嫁が泣き出してしまい、もう実家に帰りますと言い、実家に帰ってしまいました。

    嫁も母親に習えばいいと思いますが、嫁の母親も全く料理ができない(しない)らしく、習うにも習えないので、母や妹がアドバイスした次第です。嫁に電話で謝りましたが「ここ一年間、自分の料理も家事も全て否定され自由に出来ないのが辛い、あなたが土日に実家に帰ってしまうのも辛い、家に帰りたくない」と言われてしまいました。

    私は嫁のために家事や料理をアドバイスしたつもりです。それなのにそれを嫌という嫁もプライドが高いと思います。少しくらい人の意見も聞くべきだと正直思います。ただ、働きながら一生懸命やっているのも知っておりますし、結婚したことに対し何の不満もありません。

    皆様このような場合どうお考えでしょうか。そして僕が彼女にしてあげられることは何でしょうか。ちなみに今は実家に帰ってますが、手ぶらで帰ってると思うのでそのうち帰ってくるとは思いますが…
  • それが理由で私達夫婦も冷えびえしています。お願いですからダメ出しは5回に1回にして下さい。毎回だと心が冷えびえしてどうでも良くなってきてまったくしたくなくなります。

    私達夫婦は今は旦那が食べたいものを買ってきてそれを私が焼くか切るかで収まりましたがあれ以上文句言われてたら別居してたでしょう。うちも共稼ぎで疲れてるなか作っては文句ばかりバカらしくなって切れました。私にはあなたの口に合うものは作れません。無理です。すいません。って言いました。

    あなたがどうしたいかでしょう。ご飯は妥協しても一緒に居たいかまずい飯が食べたくないから別れるか奥様は疲れきってます。まずあなたの愚痴が耳によみがり包丁を握るも涙しか出ず。もしも一緒に居たいなら一週間は外食にしてただひたすら謝って下さい。でないとたぶん離婚までいくと思います。
  • 引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12179432442

2018年9月14日(金)

ページ上部へ