【暇つぶしまとめサイト】みんなのアンテナ | Yahoo!JAPAN 今日のみんなのアンテナ

Yahoo!JAPANへ掲載されている「今日のみんなのアンテナ」。見忘れた方もいるんじゃないでしょうか?そんな方のためにみんなのアンテナを過去の分もまとめて掲載しています。電車の中や待ち時間などの暇つぶしにこのサイトをご覧ください!

Twitterリツイート「動画」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

Twitterリツイート「画像」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

みんなのアンテナ「知恵袋」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

2018年6月29日(金)

  • スーパー銭湯の主のような常連客…何とかなりませんかね~(–;)

    子供が銭湯好きなので、子供と一緒に近所にあるスーパー銭湯へ時々行くのですが、自分の家のお風呂と勘違いしている口うるさい常連客が多いのが気になります。常連客が集う夕方5時頃に子連れで行くと最悪です。大人の感覚でのマナーを押し付けられるので子供を連れて行くと、大した事をしていなくても注意されます。

    先日行った時は、露天風呂にイチョウやもみじの形をした大小色々なサイズの檜チップのような物が200個ぐらい浮かんでいたので子供は大喜びで、湯船の縁で積み木のように積んだり、集めたりして遊んでいました。が、そこに常連のおばさんが入って来た瞬間「せっかくの檜風呂なんやからお湯に漬けておいて欲しいんですけどっ!!」って激怒されました…

    何百個と浮かんでいるうちの10個とかぐらい別にどうでもいいんちゃうの…幼稚園児相手に大人げないなぁ…って思いましたけど…実際、ウチの子が露天風呂に入った時は小学生ぐらいの子供が他に3人いて、みんな集めて積み上げて遊んでいましたけどその時に入っていたお客さんは誰も何も言わなかったのに、その子供達が出て私達だけになった時に運悪く口うるさい常連が入って来て、ウチの子だけが悪い子みたいになってしまってかわいそうでした。

    常連客が気にくわない客を見つけると、聞こえるようにイヤミを言ったり、店員に報告に行き、常連客に言われるがまま店員が注意したりもします。ほとんど子連れ客がターゲットなんですけどね…

    最低限のマナーは守るように注意しているんですが、いくら注意して見ていても子供なんだから大人みたいに入れないのは仕方ないだろ…って事が通用しないので、いつ行ってもこんな感じで常連客がいると一見客は肩身がせまくてのんびりできません。

    皆さんは常連客に嫌な思いをさせられた事はありませんか?口うるさい常連客…何とかなりませんかね~??
  • 女風呂も男風呂も同じ様な光景です。

    常連頑固ジジイ・・・いつも、同じ洗い場の席じゃないと、機嫌が悪いのか、色々と意地悪をされますよ。買ったばかりのリンスインシャンプーをサウナ入っているスキに下水に全部流された時は、さすがに自分も風呂屋の女将さんも怒りまして、出入り禁止に見事させましたが、その銭湯が休みの日に、次に近い銭湯に行くとお会いしますね。

    どうも、爺さんにとっては、前の銭湯が都合が良かったらしく、お会いした時に背中流してくれたり、牛乳おごってくれたり、今では、しおらしいですよ。

    あと、常識のない小中高生を連れた親・・・最低限、下湯して(汚い部分にお湯を掛けてから)湯船に入って欲しいですが、いきなり湯船へドボン。それを注意すると、「人の子供に何を言いがかりを!」と親がケンカ腰。その親自体、下湯をする意味合いすら知らない非常識さ。こっちも、他の人を巻き込んでの喧嘩に。とどのつまり、「湯船は、掛け湯をしてから」の看板が設置されています。

    あと、アドバイスですが、質問者さんの思いも充分わかりますが、ここは、発想を180度かえて、そのおばさんと仲良くなることも1つかと思います。意外と話してみると良い人かもしれませんし、話相手がいなくってウサ晴らし的にっていう年寄りも多いですよ。そしたら、髪を洗う時に子供を見ていてくれたりとか・・・やっぱり、富山の田舎的な考えかな?

    でも、子供がケガしないかとかハラハラドキドキしながらよりは、数倍安心して髪を洗えるのでは?
  • 引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1333392648

  • 日帰り入浴で1時間入るのは非常識でしょうか?

    —————————————————

    旅館へ日帰り入浴に行きました。小さな旅館ですし、連休中でしたから、事前に電話で確認して伺いました。

    1時間ほど温泉に入って出ると、受け付けの方に「長居されて困っている。早く車を出してくれ」と言われました。宿泊客の駐車場が足りなくなったのだそうです。まだ夫が入っている事を告げると「携帯をかけろ。車のカギは持っていないのか」と。

    私が「1時間は困るレベルの長居ではないと思う。それに電話で本日の日帰りが可能か確認したうえで伺った。駐車場が混む予定があるなら電話のときでも受け付けのときでも、事前に教えてくれれば早く出た」と言うと、「日帰りで1時間以上入るなんて非常識だ、普通こんなに長居しない」と叱られました。

    私は、目に見えて混雑していればもちろん早く出ます。けれどその日の女湯は私だけで、駐車場も私たちが着いた時点では空いていたので、ゆっくり入りました。

    そこで冒頭の質問に戻るのですが、1時間強の日帰り入浴は非常識なのでしょうか?
  • 非常識ではありません。むしろ、その旅館の対応が非常識です。

    1時間程度の入浴はよくあることで、その程度で滞在が1台あるだけで駐車場に困るようなキャパしか持たない旅館が日帰り入浴を受け入れる方が、見通しが甘いと思います。

    銭湯であっても1時間はある話ですし、それが温泉となれば長時間楽しむことも想定できます。また入浴後の余韻を味わうことも考えられる話です。
  • 引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11138533866

  • スーパー銭湯での出来事。

    小さい男の子を連れたお母さんの対応に疑問です。。。現在妊娠8ヶ月になる妊婦です。お腹もかなり大きく歩くのもゆっくりですが、先日母と2人で地元のスーパー銭湯に行きました。妊娠前は毎週母と通っていたのですが、妊娠後は2~3ヶ月に1度くらいのリフレッシュにと思い、昨日も久しぶりに行きました。

    そこで、小学校2~3年生と思われる男の子がいました。その銭湯では異性の湯に入れるお子さんの規定があり(具体的には覚えてないのですが)異性の湯にいるという事は規定には引っかかってないと思われます。が、結構体の大きい男の子で「何で大きい男の子が女湯に?」と思う程でした。

    最初、お母さんから離れて1人ウロチョロしてました。私は湯船の端っこの段差に腰掛けて座っており、他の人からも妊婦と分る状態でした。(水位がお腹の真ん中辺りで、でかいお腹が見える状態)ふとその男の子が私のお腹を見て妊婦と気付いたようで、じ~~っと見てきました。

    妊婦が珍しいのかなと最初は気にしなかったのですが、あまりに凝視されるので居心地が悪くなり、肩までつかるように座りなおしました。すると、大声で「おかあさ~~~ん、お腹大きい人がいる~~~~~」と母親を呼び、しばらくしてから母親が奥の湯船からやってきました。

    そして私の方を指差していたのですが、私は既に肩までつかってお腹が見えない状態になっていたので母親には妊婦なのか分らなかったようで「だめよ、太ってるだけかもしれないんだから」と。(私にバッチリ聞こえる)「でもスッゴイお腹大きかったよ」「太っててもそういう人はいるの」という会話。

    私の母も隣におり、失礼な親子だねと言って別の湯船に移動しました。当然移動するときには私のお腹が見えるようになったのですが、「ほら!やっぱり大きい!」「ほんとだ、妊婦さんだね」と会話は続き、なんと私達の後を追って?移動した先の湯船にやってきました。それから「お腹の赤ちゃんはどうやって出てくるの」と子供が質問し、母親が「お股から」と答えると。

    その子が「お股ってどうなってるの?」と私の方を再び凝視。しかも視線はお腹より下、明らかに・・・な所です。結局その子には見えなかったようですが(見えないようにした)その間母親は「○○くんもそこから生まれたのよ」等といい、子供の行動をとがめる事はありませんでした。

    私にとってはいくら小さい子とは言え体の大きな男の子で、ずっとお腹やその下を凝視され、とても不快な思いをしました。しかもかなり大きな声で喋っており、周りの方まで私を見るほどでした。

    子供だから仕方ないとは思いつつ・・・この母親の対応はどう思いますか?
  • それは不愉快な思いをしましたね。親の言い方も最初から間違っていますね。「太いだけかも」とか、そんなこと言う前に、他人様のことを目の前でいってはいけない失礼さを教えなくてはいけませんね。育ちが良くない母親なので、自分は平気で何でも井戸端会議するような性格の人なのかもしれません。質問者さんがいる前で教える親もどうかしてます。呆れた親子ですね。
  • 引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13112064228

2018年6月29日(金)

ページ上部へ