【暇つぶしまとめサイト】みんなのアンテナ | Yahoo!JAPAN 今日のみんなのアンテナ

Yahoo!JAPANへ掲載されている「今日のみんなのアンテナ」。見忘れた方もいるんじゃないでしょうか?そんな方のためにみんなのアンテナを過去の分もまとめて掲載しています。電車の中や待ち時間などの暇つぶしにこのサイトをご覧ください!

Twitterリツイート「動画」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

Twitterリツイート「画像」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

みんなのアンテナ「知恵袋」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

2018年6月16日(土)

  • 職場で隣の人に監視されている感覚です。上司ではないですが、5年先輩で、40代の主婦です。

    私は入社して半年なのですが、その人に教えてもらっていました。立場としては同等です。むしろ、その人は主婦で現状のままを希望しているのに対し、年齢も若く独身の私を上司は将来的にはリーダーにさせるつもりでいて、社内身分は最近私が1つ上がったので、社内身分は私の方が上です。

    初めは気にかけてくれているのだと思い気にしていなかったのですが、なにもかも知られていて怖いです。私が今なにをしているかはもちろん、私の机の上のメモや付箋、休憩中に見ていたインターネットのページ、電話の内容も全て把握されています。すごく目と耳がいいようです。

    私がいないあいだに、私の机をチェックもしているかもしれないです。先日驚いたのが、自分でも覚えていないくらい一瞬しか開いていないホームページを見ていたと、上司に報告されました。法律を扱う事務所で、国が出している正式なもので調べないといけないというのはわかっているのですが、たまたま開いてしまった他人の個人HPです。

    自分自身それがよくないとわかっているので、時間にしたら数十秒か、10秒以内です。気にかけてくれるのはある程度はとてもありがたいのですが、監視されていると思うと仕事もやりにくいです。

    私は実務経験があり既にほとんど手助けなしでできるし、上司にも任せられています。聞くことがあるとすれば、上司に確認しなくてはならないことなので、その人に聞くということはほとんどありません。聞いても、それは上司に確認してみてください。と言われます。

    前に私の席にいた人には心配されています。すごく嫌で毎日緊張で汗をかいていたと言っていました。それに比べたら私は図太いほうだと思いますが、不快に感じることもあります。

    私は今まで教えるという立場や先輩という立場にたったことがなくわからないのですが、こういうものなんでしょうか?その人は教育大出身でお子さんもいるので、面倒見がよいというか、人の行動を把握するのが得意なのでしょうか。
  • 嫌がらせのレベルですね。そこまで監視される筋合いもないですし、そうやって根掘り葉掘り探る行為自体が違法なのでは?

    ハッキリとやめてくださいと言うべきです。
  • 引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1397283928

  • 近所の新築工事に迷惑しています!

    我が家の隣の家が新築工事しています。更地を購入して、建てているようで、施主と会ったことはありません。建築業者が1度挨拶に来ました。しかし、建築が始まると非常に迷惑な事が多々ありまして、その都度ホームページに掲載されている電話番号に電話をしていましたが、全く繋がらず、毎回諦めていました。

    しかし本日、非常に許せない事がありました。まず今までにあった迷惑行為は、夜9時を過ぎても工事をしている事があり、ドリルの音も大きく子供が寝付けませんでした。更に一番の迷惑行為は、幾度となく、敷地に侵入され、脚立を置かれたりしました。

    業者が何度もうちの駐車場に無断で出入りし、自分が外出したいときに、業者の車やトラックが邪魔ですぐに出れず、約束に遅れそうになったこと。これはその都度注意していましたが、酷いときは連日、1日何時間も止められたりしていました。

    我が家は、区画が複雑な為、まだ売れていない隣の空地と我が家の敷地の境界が解りにくい事がありました。その為、無断で止められる事が多かったので、急いで駐車場を作って、完成して1週間も経っていません。

    本日、その駐車場にまで、仮設トイレの業者が止めてきて、すごく家中臭くなるし、新しい駐車場に、とても濃いタイヤ痕をつけられました。またうちの駐車場内を横断されました。どちらも、都度注意しましたが、タイヤ痕を見たときに、許せないと思いました。外構してなかった時は、空き地と同じ様な形だったので、間違えられても仕方ないかとも思っていましたが、明らかに他人の家の駐車場に止めたり、常識的とは思えません。

    通りが狭いので、どうしてもうちの敷地を利用しないといけない場合もあるかと思い、黙っていましたが、普通は向こうから一声掛けますよね?非常識ですよね?それに連絡先が記載された工事の看板等も立っておりませんが、そのような事は問題では無いのでしょうか?

    それとも、そんなことで目くじら立てるなんて、私の心が狭すぎるでしょうか?電話が通じないのでメールでクレームを入れても良いでしょうか?

    【補足】
    皆さん有り難うございます!一応、汚された時の写真は撮影してあります。

    もうすぐ、工事完了らしく、今は外構段階で、外構屋さんは来ていますが、建築業者はたまにしか来てないようです。殆ど施主さんも来ないので、中々言えません。
    もし警察に言う場合は、写真があれば過去の事でも言っても大丈夫ですか?それとも、現行犯じゃないと、相手にしてもらえませんか?
  • 他の回答者さんのは警察や行政に相談されることをススメていらっしゃいますので別のアプローチとしては施主さんに相談するという方法はどうでしょうか。質問主さんの訴えを建設業者が無視できたとしても施主さんからの依頼は無視しにくいと思われます。

    なお 行政や警察または施主さんに対してでも言葉だけの訴えではなく写真やビデオ撮影等の判りやすい証拠を提示することをオススメします。
  • 引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12129863437

  • 浪費癖の夫、疲れました。愚痴です。どなたか聞いて下さい。

    結婚10年経ちます。夫は年に数回の海外旅行に、娯楽に忙しく、仕事の方は頑張ってくれていますが、その分浪費するので昇給しても妻は非常に苦しい生活を強いられています。何度も訴えましたが変わらないですし、家事も育児も私に丸投げで、おまけに節約して何とかやりくりしているのに文句ばかり言われてるのが本当にバカバカしくて仕方なくなりました。一人になると涙がこぼれます。

    夫はキレるとギャンブルやらに散財し、私の結婚前の貯蓄も使い果たし、子供の定期や節約して貯めた貯金も使い果たすの繰り返しの日々でした。今はそこまでのバカはしませんが、浪費は酷くなり生活苦は変わりません。私もパートに出ていますが、生活費の補填になってしまうし、仕事に家のことに追われて何も楽しくないです。育児も楽しい思い出があまりないです。周りのママさんを羨ましく思ってしまいます。

    こんな人と生涯一緒に居るのはごめんだと思っています。もうこの人の為にあれこれ節約したり色々な物を我慢する生活に耐えられません。今は夫に内緒でわずかな金額を子供達に貯蓄しているだけです。将来も不安です。この間夫の親族から浪費を注意され、少しは現実を見たのか夫からは心を入れ替えると言葉だけはもらいましたが、多分変わらないと思います。

    もう私も好き勝手したいです。してしまったら破綻ですが。あと何年頑張ればいいのでしょう。子供達はまだ小さいです。
  • 厳しい意見でごめんなさいね。

    浪費癖は、癖というより性分です。生まれ育った環境が大きく影響しており、おそらく小さい頃からガマンしたり、コツコツと貯めて何かを手に入れたりするという、忍耐の経験をしてこなかったのではないでしょうか。なんでも与えられ苦労せず物を手に入れてきた等。甘やかされて育った背景があります。

    大人になってからいきなり発症は、ストレス性になりますが、そういう方は同じ浪費でもギャンブルではなく買い物依存症になりますし、そもそも穏やかでキレることはありません。混合しやすいですが、まったく違う原因であり、買い物依存症はストレスをやわらげることで改善しますが、性分によるものはとても難しいのです。

    正直、そういうご主人であれば離婚するしかないのではと思います。母子家庭であれば受けられるサポートもありますし、なにより質問者さんの生活や意識が健常なものになり、ひとり親の苦労はあっても正しい道に進んでいるという誇らしさ、気概に変わると思います。お子さんへの影響も、頑張って真っ直ぐ生きる母親の姿を見るほうが、夫婦でもめ事が多かったり、愛情のない両親を見たりして育つより、よほど良い影響を受けます。

    お子さんが小さいうちに離婚した方が、大きくなってからいきなり父親不在の環境に変わるよりも、自然に柔軟に慣れてくれやすいと思います。
  • 引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12190041977

2018年6月16日(土)

ページ上部へ