みんなのアンテナ | Yahoo!JAPAN 今日のみんなのアンテナ、暇つぶしまとめサイト

Yahoo!JAPANへ掲載されている「今日のみんなのアンテナ」。見忘れた方もいるんじゃないでしょうか?そんな方のためにみんなのアンテナを過去の分もまとめて掲載しています。電車の中や待ち時間などの暇つぶしにこのサイトをご覧ください!

みんなのアンテナ「知恵袋」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

みんなのアンテナ「Twitter」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

「Twitter」リツイートまとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

2018年1月26日(金)

  • 妻が断捨離にはまっています。従わないと喧嘩になります。半年ほど前から断捨離にはまり、ミニマリストを目指す、と言っています。不要品を処分すれば家の中が片付くので基本的には賛成です。

    家の中をキレイにしてくれることには感謝しています。しかし、購入したばかりのものも惜しまず廃棄されてしまいます。私の所有品も袋や段ボール箱幾つかにまとめ、どうしても必要なものを1/3以下の量にしろとせがまれます。断腸の思いで廃棄したモノも数知れず、です。

    小さい頃から「モノを大事に使え」と教えられてきたので、基本的には極力モノを大事にしようと思いますが、時代が変わってきたことも認めなければいけないので、修理に要する時間や手間より買い換えたほうがいい良い結果になるものはそのようにしています。それでも、半年前に購入したものが今と違うとは思えません。

    また、アルバムなどさして邪魔になるものでもないのに「1年以上使わないものは断捨離の対象」と言ってことある毎に処分しようとします。想い出が消えてしまっては困るので、一部は実家に送ったりと、処分されないように注意しています。先日は娘の小さい頃の絵や賞状が処分されてしまい、娘が泣いてしまいました。

    私は、断捨離という考え方はなかなか片付けが出来ない人に一定基準で整理する指標を与えているものではないかと考えています。当然、1年使わなくても取っておくべきものはあると思います。例えば保険証券とか権利書とかこんなものを捨ててしまうわけにはいきませんからね。妻を見ていると断捨離という指標に基づいて片付けをするというより、目的意識が断捨離になってしまっている気がします。部屋の片付けよりも指標である断捨離の基準を如何にして達成するか、という事にばかりとらわれてしまっているように見えます。

    ここ半年で家財品が2/3に減りました。買って間もない家具や電化製品も処分しました。ただ私は勿体ないと抗議してリサイクルショップに買い取って貰う事で何とか了解を得ましたが、リサイクルショップに持って行ける仕事が休みの週末になるまで毎日愚痴を言われました。

    妻はもともとモノへの執着が無いのかもしれません。食品の廃棄もためらいがありません。買ってきたけどおいしくなければどんどんゴミに捨てます。テーブルに出して置いたお菓子を1時間くらい放置すればもう「埃がついているから」と捨てます。前日購入した野菜や肉に何か見慣れない色や模様があれば丸ごと捨てます。私なら変色部分だけ切り取りますが、そんなことはしません。

    私は食品の廃棄が嫌いです。小さい頃から祖母に「お米や野菜はお百姓さんが丹精込めて作ってくれたものだから、米粒一つ残してはいけない、無闇に残せば目が潰れる」と教え込まれました。大正時代に生まれた祖母で「ちょっと腐っていても洗って火に掛ければ食べられる」という時代錯誤のある考え方もあったので、全部が正しいとは言いません。

    ただ、今なおアフリカなど食糧難で食べられない人がいることを考えれば無闇に食品を廃棄することは抵抗があります。一方で「対価を払って買った食材を捨てようが何しようが勝手だ」という考えも納得できます。「腐ったモノを無理に食べて腹を壊すほうがばかばかしい」これもごもっともです。

    ただ、ご飯茶碗のご飯をキレイに食べると気持ちよいですし、食器も洗いやすいと思います。確かにキレイに食べないことで発生する損失は微々たるものですし、勿体ない勿体ないと言っていることが地球環境にとって必ずしもプラスになるかは分かりません。

    妻の考え方を聞いてみると「1年間使わないものを家に置いておけばその容積ぶんの地代を無駄に支払う事になる、それなら捨てるべきだし数年に1回使うものならその都度買って使い終わったら捨てる方がいい」と言うことでした。そう言っている一方で、無駄な買い物が見受けられます。

    扇風機も夏前に買いましたが、シーズンオフになったので処分しました。また来年の夏前に買って、シーズンオフになれば捨てるのだろうと思います。コートなど冬服も春先になれば全て捨てると言っています。

    マンションのゴミ置き場の粗大ゴミ、金属や製品プラスチックゴミの大半は私の家から出たモノでいっぱいです。「モノを粗末にしている」と近所から思われないか心配です。そんなに経済的に豊かなワケでは無いので不相応の贅沢をしているとも見られそうで怖いです。「うちだけじゃないか、こんなゴミ出しているの」と言うと大喧嘩になります。

    断捨離、ミニマリストという考え方を否定するわけではありませんが、妻の目的意識が逆転してしまっているように見えます。娘も大事にしているものをどんどん処分されていて、泣くことが多いです。大人になったときに妻を恨みやしないか心配です。

    何か良いアドバイス頂けないでしょうか?
  • とりあえず正しい断捨離ではないですね。まあ、ミニマリストです。ミニマリストは、翌年使うコートや家電も手放して、来年新しいのを買う「物を減らすためには手段は選ばない贅沢な生き方」です。

    ただ、「それは正しい断捨離ではないよ」と言った所で問題は解決しないと感じます。おそらく奥様は「日々、目的を達成して行きたいタイプ」の方です。拒食症や過食症に多い気質です。このタイプの人の場合、日々自分がステップアップしていかないと極端にストレスを感じます。でも、人生って自分が頑張っても前進しない時もありますよね。物を捨てるという行為は、やっただけ見た目で成果が出ます。そのため、快感を得やすいです。こういった気質の場合、「やれば成果の出る別の事」にシフトチェンジさせる、誘導された方が良いです。

    片付けを極めるのであれば、整理収納アドバイザー資格を取らせて、他の方のゴミ屋敷を徹底的に片付けさせるとかが良いです。上級資格がたくさんあるので、数年は安泰です。収育検定などの子育て世帯への資格も存在します。また、資格マニアとして、かたっぱしから資格を取る方も多いです。ホームクリーニング資格とか、料理系の資格とか、家事に近い系の資格もたくさんあるので、カルチャースクールとか、通信教育とかに、誘導すると良いです。

    あと、男性への説得は「理論的」が効きますが、女性は理論を重視しない場合が多いです。あくまで「やって快感が得られるか?」が重要です。だから実際には散財していても、散財を指摘されても、受け入れないケースが多いです。

    もしくは、暇を持て余しているのであれば、パートなどで働きに出てもらうってのもありですよ。自己承認欲求(褒めてほしい)が満たされない場合は、その方が改善します。
  • 引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10182600385
  • 断捨離、なにか良いことありましたか?

    1年ほど前付き合っていた人にとんでもないフラれ方をしました。帰宅後、狂ったように元カレに関するもの全てゴミ袋につめゴミ出し。暫くは穏やかに過ごしていましたが、元カレからの連絡で復縁を期待するようなことをされた挙げ句に「友達で」と言われ、撃沈。絶縁。

    それからは廃人のようになり、部屋も物やゴミで溢れてました。別れてからすぐに「裏切らない存在がほしい」と観葉植物を買ったのですが、水やりだけはキチンとしてました。なんとか仕事には行き、帰ってから泣く毎日。

    ところが先日、いきなり断捨離に目覚め、部屋にあるいらない物をドッサリ捨てました。見違えるようにキレイになりました。実家のため自分の部屋だけですが、お手洗いや廊下なども気付いたときにちょこちょこ掃除してます。最近は、今でも元気に育っている観葉植物の横にピンクのお花なんか飾っちゃったりして。

    なんかいいことありそうだな~と思いながら過ごせるようになりました。これだけでも十分いいことなんだと思うのですが、素敵な人が現れる気がするななんて思ったりしてます。

    断捨離して良いことがあった方、なにかいいことありましたか?些細なことでも構いません、教えて下さい♪
  • 断捨離は心身共に健康になりますね。

    2年前に妻に先立たれて、妻の実家から嫌な思いをさせられて、落ち込んで睡眠時間も1から2時間を40日過ごしている間にどうせ寝れなければ前からしたかった断捨離を徹底的にしました。箪笥6本、サイドボード、食器棚、ベッドと業者も使い徹底的に使用しない物を捨て最近はげた箱も捨て、狭い玄関が明るくなりました。

    部屋が広くなり昨年から始めたスポーツバイク(ロードバイク、ファットバイク)にはまり、毎日筋トレやストレッチに励み筋肉が付いて行くのがわかり、距離も100キロ超えの走行を今年4回ほどやり、健康診断も何処も異常がない状態です。

    まだお若いのでこのまま元カレの事は忘れて、心身共の健康を維持してこの厳しい世の中を笑って生きていけば絶対にうまく生きて行けますよ。65歳の爺でした。
  • 引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13182130353

  • 断捨離、ミニマリストにハマっている夫との価値観があまりにも合いません。

    産後で実家に里帰り中です。最近夫が断捨離とかミニマリストにハマっていて、それは知っていました。自分の不要な物や、趣味の物を断捨離するのなら、別に私には関係ないから、と放っていました。土日は仕事が休みなので子供に会いにうちの実家に遊びに来るのですが、大体11時までには来て、お昼と夕ご飯を食べて帰るのに、今日は来たのが昼過ぎ。

    なんで遅かったのか聞くと、「車を処分して、電車できたから時間がかかった」と!「土日しか乗らないから必要ないと思ったから」と、、、

    私の住む地域は中国地方では大きな都市で、車が無いと全く生活できない地域ではありませんが、私は普段から車でよく移動していたし、自分が土日しか乗らないからって夫婦で所有していたものを勝手に処分なんてありえません!母が子供のためにとたくさんおもちゃや洋服を用意してくれているのを見ても、「こんなに必要かな?」とか言ってくる始末。

    もうイライラが限界で、帰ってもらいました。母も「夫婦で話し合って断捨離するならいいけど、車を勝手に処分するのはどうかな?娘の考えとかは気持ちはどうでもいいの?」と言ってくれましたが、「うちの問題なんで、、、」と言ってました。うちの問題って!!!!だったら1人で生きていけよ!!ほんとに腹が立ちます。。

    出産してまだ1ヵ月で、きっと今が1番幸せな時なはずなのに、涙が止まりません。断捨離やミニマリストにハマった人は、もう元には戻らないんでしょうか?

    どなたかアドバイスください。
  • 自分は九州の田舎に暮らしてる夫婦でミニマリストのものです。車も持ってます。結論から言わせて頂きますと、おそらく旦那様は元に戻ります。

    文章を読ませて頂いて、旦那様が勘違いされているなと感じたことは、ミニマリストはなんでもかんでも捨てる訳ではないという事です。特に、家族で使用しているものは、まず手を出しません。ウチでは必ず家族会議を行います。

    ミニマリストが病気や宗教のように見えるのは、ミニマリストや断捨離が手段でなく目的になっているからです。自分達は、ミニマリストになる事が目的なのではなく、自分達が叶えたい目的の為にミニマリストになりました。なので、ミニマリストである事は苦痛ではありません。

    ですが、ミニマリストが知らず知らずのうちに目的になっている方は、モノがなくて不便さを感じた時におそらく嫌になります(笑)。ブログでも、ミニマリストだったけど辞めました!っていう人はたくさんいます。ミニマリストは、今の行き過ぎた消費社会や長時間労働を、自分をコントロールすることによって軽減できる一つの生き方の可能性としては、いい方法かも知れませんので悪い生き方ではないと思います。勧めませんけどね。

    なので旦那様に、なぜミニマリストを目指してるのか聞いてみてください。曖昧な答えが返ってきたなら、おそらく辞めます。また、リバウンドでモノを買う事もあるかもしれないので、辞めさせるときは早めに辞めさせた方がいいです。車をまた買うなんて事になったら、人生に関わる大きな買い物ですから

    長文失礼しました。
  • 引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10166988945

2018年1月26日(金)

ページ上部へ