【暇つぶしまとめサイト】みんなのアンテナ | Yahoo!JAPAN 今日のみんなのアンテナ

Yahoo!JAPANへ掲載されている「今日のみんなのアンテナ」。見忘れた方もいるんじゃないでしょうか?そんな方のためにみんなのアンテナを過去の分もまとめて掲載しています。電車の中や待ち時間などの暇つぶしにこのサイトをご覧ください!

Twitterリツイート「動画」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

Twitterリツイート「画像」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

みんなのアンテナ「知恵袋」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

2016年11月30日(水)

  • 職場に好きな先輩がいます。

    その先輩は多くの仕事を任されているにもかかわらず、自分の趣味や興味でどんどん自分を忙しくしていくタイプの30代です。
    自ら忙しくしているのは分かりきっているのですが、私は先輩の役に立ちたいと思ってしまいます。職場内での仲は良い方で、先輩のためなら雑用でもなんでもしますよ!って冗談が言えるくらいの関係です。
    告げていませんが、好きな気持ちはバレているようです。

    先輩は基本真面目な人ですが、 ○○さん(私のこと)は僕と一緒にいたいんですよ、等、人前で爆弾落としたりもします。冗談のつもりなんでしょうけど、目は笑っておらず、こちらとしては図星なので、つい顔がひきつり…。周りは、元々いじられキャラのそんな私を見て爆笑(´;ω;`)

    最近、私が手伝うことは何の問題もない…でも全員自分でやるのが慣例化している仕事を手伝うようになりました。周りにバレたら驚かれると言うか、ちょっと先輩が白い目で見られちゃうかもしれないので、お互い黙っていることにしています。私にとってはそう負担になるものでもないので、自分の仕事を終えてからちょこちょこっと手伝っています。

    口でこそ遠慮していたものの、やはり私なら結局断らないと分かってのこと?先輩はとても頭の回る人ですから、うまく利用されているんでしょう。でもどこかで、信頼してくれているのかな?なんて思ったり。
    とうとう私のことは『僕の秘書』呼ばわりで、ほんとやることがうまいです。私としては切ない…でもちょっぴり嬉しかったり。

    一生懸命な先輩が好きで、頑張っている姿が愛しくて、『たくさん頑張っているから私にできる限りは応援してあげたい』『職場では私にしか弱いところを見せないから少しくらい甘やかしてあげたい』という私のスタンスは、やっぱりただの都合の良い女で、ダメ男育成マシーンなんでしょうか。

    この関係じゃ結局何も生まない。
    それでもいい、それでも好きだって気持ちと、もうやめちゃおうって気持ち、いっそ告白しようとする気持ちが共存していて、頭がぐちゃぐちゃです。

    きちんと告白して、彼女として側にいて、先輩を公私共に支えることが出来れば一番です。が、先輩はそれを望んでないんだろうなってなんとなく分かります。

    私のやってること、考えていることはおかしいですか?また、皆さんならこんな関係、どうされますか?
    よろしくお願い致します。
  • こんばんは。
    参考になれば幸いです。

    まずですが、「先輩はそれを望んでないんだろうなってなんとなく分かります。」これの意味が分かりません。あなたは超能力でも使えるのでしょうか。
    単純にあなたがそれを望んでいない、という事だけです。他人の腹の中なんて、絶対に分かりませんよ。

    なぜでしょう。相手に断られたら今の関係が崩れるからでしょうか。理由はあなたにしか分かりませんが、何か見返りを求めているからです。

    見返りを期待して、あなたはそのような行動に出ているんじゃないでしょうか。見返りもなく、ただの奉仕であれば、告白して断られたとしてもその後も同じ気持ちで手伝っていけると思います。
    しかし、見返りがないと気付けば、あなたの損得勘定が働くのでしょう。それを「好き」と言えるのかは疑問ですが、ある意味「条件付の好き・愛」なのでしょうね。

    運良く付き合ったとしても、その条件がなくなったら別れる時なのでしょう。
    「私に構ってくれなくなったら?」
    「私以外の女性にも、弱いところを見せていたら?」

    お互いを知るための時間を作り、相手が不足に感じているところが分かればあなたが、そこを補ってあげてください。
    相手に居て欲しい。と思うのではなく。相手のために居てあげたい。と思う関係もよろしいのではないでしょうか。

    失礼致しました。ご意見・ご質問あれば返答させていただきます。
  • 引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11146205346
  • 私は26歳です。今好きな人がいます。
    相手は人気ラーメン店の店員28歳で初めて食べに行ったときに働く姿に一目惚れしてしまいました。

    私の上司がそのラーメン店の常連さんなので、その人となんとかコンタクトをとれるようにと協力してくれてこの間、初めて2人で飲みに行ったのですがこれも常連の上司とお店のスタッフさんの強引な押しもありやっとのことで誘われました。メールの態度と実際にあった態度が違いました。

    相手からメールがきたり私から連絡をとることの方が多いのですが相手は奥手で草食男子(自分でもいうくらい)ということもありなかなか相手の気持ちが分かりません。

    メールの返信は早いのですが内容はそっけないです。実際に会って話すと別人のようです。お店に食べに行くといつも照れ笑いして一緒に飲みに行ったときは優しいし目が合うと照れ笑い、彼氏いるのかとまで聞かれました。お店の仲のいいスタッフさんの話では彼は奥手だから私のほうから誘ったほうがいいと言われるのですが。相手は私の好意にたぶん気が付いているとしたらどんな態度をとるのでしょうか?大事な常連さんの知り合いということで社交辞令で連絡をとっているのかと思うと正直つらいです。

    今は仕事が楽しいから彼女ができると仕事と両立ができなくなるので今までは彼女を作らなかったと言っていましたが、イケメンだしギャルの友達もいるみたいなので本当なのかよくわかりません。
    確かに忙しい仕事なので、私の存在が迷惑になりたくないし相手にその気がないのならもう諦めようかとも思っています。

    脈がないならこの場合どんな対応をするのでしょうか?教えてくださいm(__)m
  • 諦めるのはまだ考えないでゆっくりメールしてたまに食事どうですか?って聞いて相手が良ければ食事しながら趣味聞いたり…もし同じ趣味があればわたしもそれ好きなんです…とか言って話を盛り上げて行ってじゃあ今度行きませんか?と面と向かって話して相手の反応見たらどうですか?

    相手も奥手なら慣れてきたら誘ってくれるかもですよ。今、自分をさりげな~くアピールしてきてください。
    良い方向に進む様、願ってますね。頑張って下さい。
  • 引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1468700789
  • 脈あり、なし?社内で片思いしてる女です。

    職場の仲良い男性上司が仕事終わりに、やたら近くにくるなあと思っていたら、帰り、私のいるブースの出口で待ち伏せされて、「今日ひま?」と不器用な感じで聞かれ、朝まで飲みに行きました。
    しかし、私から提案して後輩もいて3人でしたが。嫌いだったら仕事終わりに飲みに誘いませんよね?ただの仲良い女後輩なだけ?

    飲みの場で、「〜〜行きたい!」「長野県行ってみたいんだよね」などと言われました。今まで何度もサシ飲みや仲良しメンバー4人で飲んだりしてます。

    帰り途中に私から連絡してサシ飲み誘ったら15分かけて戻ってきてくれたり、夜景綺麗な居酒屋へ2人だけの時に連れてってくれて、「他の職場の人は連れてこない!満足した」と言われたり、社員旅行中に私にだけたわいのない連絡くれたりしました。

    仕事の打ち上げが自由参加の時も帰り際ずっと近くに黙っていて、私が帰り支度をはじめるため私のブースに戻ると、ついてきて、私にだけ「行く?」と聞いてきて、「行かない」と私が言うと「俺も帰って寝たいんだけどさぁ、顔だけ出す?」など言ってきたり。
    ちなみに会社内で上司が2人で飲む関係なのは、私と上司だけです。

    上司は、奥手で受け身な男性で、元カノと付き合うときもそうでした。2月に元カノに振られてます。今は女関係何にもないと言ってました。

    彼女欲しいと2人の時に言ってきますが、「同業者は元カノでこりごり」「簡単に好きにならないけど、好きになると長いし一途」「休みの日に出かける相手がいない、大好きな人に出会いたいなあ」や、知り合いの女の子を可愛いなどと、2人きりのときに言われたので引っかかっています。。

    近々、職場の子の家で四人で宅飲みします。

    脈ありますか?また、告白するならいつがいいのでしょう?それか、好意があるのをアピールするには何をしたらいいのでしょうか?
  • 脈ありですね
    告白の前に自分からデートに誘ってみるのを最優先にするのが云いと思います。
  • 引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12161401252

2016年11月30日(水)

ページ上部へ