【暇つぶしまとめサイト】みんなのアンテナ | Yahoo!JAPAN 今日のみんなのアンテナ

Yahoo!JAPANへ掲載されている「今日のみんなのアンテナ」。見忘れた方もいるんじゃないでしょうか?そんな方のためにみんなのアンテナを過去の分もまとめて掲載しています。電車の中や待ち時間などの暇つぶしにこのサイトをご覧ください!

Twitterリツイート「動画」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

Twitterリツイート「画像」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

みんなのアンテナ「知恵袋」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

2016年6月8日(水)

  • 男性の意見も聞きたいです。私は33歳の独身女性です。先日、10歳下の彼氏と別れてしまいました。

    彼とは20と30で付き合いました。もうすぐ3年です。彼も私も20代中旬に見られる事が多いです。お互い結婚願望はあまりなくこのまま楽しい日々が続けばイイと考えていました。ただ私が歳上なのもあり主導権はいつも私でお説教したり彼も自分の不甲斐なさに凹んだり私になめられて嫌な気持ちもあったと思います。自分の態度にも反省は大いにあります。子供扱いしてしまう時もありました。

    ただやはり出会った頃彼はまだ本当に子供でした。女の子には全く縁がなく彼女という存在も何もかも私が全て初めてです。日々疲れ無口で暗く陰気な雰囲気でした。私と出会ってから周りも認めるほど明るくお洒落もし、今は本当にとっても素敵な男性になりました。普段はとても仲良しで、直前にも、私と付き合えていかに自分がラッキーか、自分を変えてくれた感謝と、私の良い所を沢山話してくれていました。

    そこで…
    最近電話口で話していたら、年下の女の子に告白されたと聞かされました。今の彼はカッコイイので、中身は確かに変わり者のままですが納得です。

    私もやはり、自分の歳を気にしない訳ではないので、日々葛藤のあるお付き合いではありました。本音ではこの楽しい日が続けばそれでいいと考えながらも、周りは出産にマイホームの話に比べ私はまだ将来を見据えたお付き合いは出来てませんし、どうしても比較して惨めな気持ちにもなってしまっていました。彼と喧嘩すると、ただノホホンと私を慕ってくれているだけの彼にも何度も何度も言ってしまっていました。この歳にもなって恥ずかしいのですが勢いに任せてカッとなると言わなくて良い事も言い過ぎてしまうんです。

    彼は、きっとただ自慢したかっただけで男として魅力があるんだーと、俺だってモテるんだぞ!と、日々私がお姉さん風を吹かせすぎる不満へのあてつけで…どうだ!と認めて欲しかったんじゃないかと今は思います。誰にも相手にされないような奴よりモテる方がイイんじゃない?とも言っていました。素直な子なので、、本当にただ私は大人の余裕を持ってただ聞いてあげれば、やるじゃん!とか言ってちょっとヤキモチ妬いたりすれば良かったのですが、、、

    今回も…私は私より一回りも下の女の子に告白されたと聞いて、やはり動揺し自信を失くしヤキモチも天邪鬼な気持ちも正論もあり、言ってしまったんです。
    私という縛りのせいで折角の出会いをなくすのも勿体無い、私が全てという訳じゃないし、歳も近いしお似合いで、私は譲った方がいいかもしれないねって。そう思わない?と聞いたら彼は黙ってしまいました。一度そのまま電話を切り、3日後に会いました。

    私はその3日間で失言だったと反省し謝り、まだやっぱり一緒に居たい!という気持ちだけ押し付け、やっぱりこれからも一緒に居ようねと話しました。その時は彼も同意してくれました。ただその3日間で相手の子にも彼女がいる事を伝え落ち着いたようですが、人生初の告白に彼もとっっっ…ても嬉しかったようで、私が居なければ付き合ってた?とまた聞いてしまったら断る理由が無い、と言っていました。。

    その数時間後
    私は折角執着させたはずの気持ちをまたぶつけてしまったんです。やっぱり頭からその女の子が離れない、私は譲った方がいいのかも。あなただってそうしたい気持ちはあるでしょうって。激しく言ってしまいました。
    そのまた数時間後、また私はみっともなく撤回を求めましたが彼はもう同意してくれませんでした。私の、後先考えず感情だけで相手を傷付けてしまうこと、本当に反省しています。

    皆さん、彼の本当の気持ちは何処にあると思いますか?一時の喧嘩で済むのでしょうか、それとももう別れの決意は固いのでしょうか。
    私は、おばさんの彼女に飽き若い女の子に気がうつる、出会った頃から覚悟していたこと。初めは全て私が初めてで眩しく映るけどいつかはこうなる、ただ、そうなっただけの事。と現実を見つめなきゃと感じていました。が…今になって思うのです

    彼は本当にただカッコつけたかっただけなのに、彼女に即刻突き放され、ああそれだけの気持ちだったんだと、その子と付き合いたいと言った訳でも無いのにまた一方的にそっちのが良いよと決め付けられ、譲るよと軽く言われてしまったこと腹立たしく思っているんじゃないかと。
    率直に、この話を聞いて皆さまどう思いますか?

    馬鹿な私はやはりまだ彼と居たかったのです。でも若い彼を解放して私も婚活しなきゃなのかな、やだな、とも日々考えてしまっていたので、そんな気持ちのまま付き合うのは失礼だし、今がその時、で良かったのでしょうか?私達の意識が変わり、一生添い遂げる2人にもなれたのかもしれないのに、彼を見くびり相手にもせず、、私は自分で別れへと進んでしまっていた愚か者なのでしょうか?

    【補足】
    みなさまありがとうございます。ひとつひとつ、大切に何度も読ませて頂いてます。まだ答えを出せてはいませんが、どの意見も心に響きます。沢山の方からの様々な意見をもう少しだけ、聞かせて頂けたら幸いです…
  • 彼の気持ちは彼にしかわからないし、もしかしたら、今の彼自身もわかってないということもあるかもしれません。この答には時間が必要です。
    ぷっつり彼から連絡はなければあなたとの別れを決断したということです。

    また、今回の事柄を読んで「自分がこういう行動を起こしてしまった。」とお考えのようですが、
    きっと、この3年の間に彼はあなたの思考・行動パターンを理解していることでしょう。今回の件は、原因ではなくて単なるきっかけに過ぎなかったと思います。

    そして、彼は、今まで質問者様を受け入れてきたとっても寛容な心の持ち主であったと思います。
    そこには、10歳下という年齢など微塵も感じさせません。
  • 引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10157516115
  • よくわからない彼の真意を教えて下さい

    お世話になります。遠距離中の彼氏のことでご相談させてください。
    お互い社会人、私は平日会社員、土日はアルバイト、彼はお金を稼ぐために地元を離れ、職場環境の厳しいところで働いています。

    先日3ヶ月ぶりに会った際、彼から言われたことです。・同じ職場の人とナンパをして、2対2で食事に行った・周囲に友人もいなく、男ばかりの職場で休みもなく精神的にキツかった・上記のことを私に言っておかなければと思った
    真面目な人だと思っていたので、正直ショックでした。しかし、休日も遊ばず勉強、仕事、とがむしゃらにがんばっていた上、まだ若く遊びたい年齢ということを考えると、しょうがないのかな・・・という気もしました。

    なので、「1対1で会うのはやだな」と伝えると、「1対1はないよ。それは浮気じゃん。それはできない」と彼氏に言われまた。彼氏の中では、ナンパは浮気ではないのでしょうか?
    また、「良い男がいたら遊んだっていいよ」という話もされました。「別れたいのか?」と聞くと、「そうではない。将来のことも考えているが、今すぐ結婚はできない。
    女として大事な時期なのに、こんな俺と一緒でいいのかと思う。別れたかったら別れてくれてもいい。それを今回言いたかった」と言われました。

    私は彼が好きなので、彼に付いて行きたいことを伝えました。
    彼氏は自分で会社を立ち上げるために、これからいろいろとやりたいことがあるそうです。これは遠まわしな別れ話なのでしょうか?

    一方で、別れ際に淋しがると、「もうちょっとじゃん」(彼氏は今年の7月に戻ってくる)と言ってくれたり、「君の仕事が落ち着けばデートもできるね」と言ってくれたりします。(一緒にいると愛情は感じます。)
    彼氏の仕事を心から応援したいのですが、何が彼氏にとって良いかたちなのかよくわかりません。
    今でもムダに干渉しないようにしていますが、今のままの関係を続けても大丈夫でしょうか?

    まとまりのない文章で申し訳ありません。自分の中でもさっぱりわからないため、ご助言頂ければ幸いです。
  • 彼氏さん。とても優しそうだけど、保身的なタイプではありますよね?
    あなたを案じてるようで、自分のやったこと・やるかもしれないことを否定されないように言葉選びしながら相手をコントロール、自身を安全な立場に置こうとする、慎重で器用でちょっとズルい平和主義タイプと推測しますが。

    ☆★☆
    「そうではない~それを今回言いたかった」彼は別れ話をしたつもりはなく、本当にこう思ってるように思えます。
    しかし同時に「僕は変わら(れ)ない、未来(結婚)は不明瞭だし君の二十代に対する保障はできない、とりあえず宣言はした」という意思も含まれてる。
    自分が悪者にならず、あなたを一気にどん底に落とすわけでもない、遠回しな実績作り。

    私はこういう男性嫌ですね・・・なんかいろんなことを自分の都合の良いように言いくるめてきそうで(笑)

    なんかものすごく不安にさせるような邪推ばかりですが。相性や縁は人それぞれで、回答者の私には無理と感じる恋愛模様・相手でも、他の誰かにとってはそうではないとか、なかなか縁を断ち切りがたいとか感じたりするわけで、どれが正解・どうすれば幸せになれるとかいうことは分かりません。

    一緒にいると愛情を感じるとのことですし、きっと質問文には書いてない、表現できてないような二人だけの感覚やエピソードや絆があるのだと思います。
    また、質問者様のような生真面目で真っすぐの感じの女性には、やや保身気味ではあっても、知恵が回り言葉巧みな男性のほうが合うような気もします(笑)
    だからこそ、こうしたほうがいい!とは言えませんが・・・

    「何が彼氏にとって良いかたちなのかよくわかりません、今でもムダに干渉しないようにしていますが~」という恋愛より、自分にとって良いかたち、良い精神状態でいられる恋愛を望むほうが幸せへの近道と、私は思います。若い今ことさら。
    とりあえず、七月なんてあっという間ですよ!離れてると不安の種が余計に育つものです。状況が好転し、関係が深まると良いですね。
  • 引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10128723835
  • 元カノにふれらて一か月が経ちました。元カノが言う寝る少し前の言葉が本音なのかわからないです。

    自分:大学生、21 元カノ:高校生、17 です。付き合って約半年で別れました。
    原因はお互いの環境が違い、あまり会えず寂しさを感じさせてしまって、それで好きかわからなくなった。ということです。
    元彼に気持ちがいったとも言われましたが、僕と別れてから元彼に告白されても、断ったらしいのでよくわかりません。

    別れてからも、向こうから連絡がくるのですが、電話などしていてそのまま寝るパターンが2,3度ありました。
    毎回、寝る直前になると
    ”○○(僕の名前)、、好き。”
    ”○○、、どこも行かないで”
    ”○○が欲しい。。。”など言われます。

    次の日に内容はぼかして前の日何言ったか覚えてる?って聞いても忘れたっ!って言われます。
    この寝る直前の発言は本音なんでしょうか・・・?正直元カノにしか真はわからないでしょうけど、同じようなことをする方の意見を聞いてみたいです。(もちろん、しない方の意見も有難いです)

    また、僕が「気持ちは変わらないから、一年後(向こうが高校卒業し大学生になって自由な時間が増える)にまた告白する。」って言った時があったんですが、
    その日も上で書いたようなパターンで、”もっと強く言ってくれたら、、、”、と言われました。*これは意識は結構あったように思えます。*

    質問の内容的には
    ・寝る前の発言が本音なのか?
    ・彼女の気持ちはどうなのか?
    ということです。
    客観的な意見もありがたいです。

    よろしくお願いいたします。

  • 私の個人的な見解ですが、寝る前の発言…彼女は寂しいのだと思います。
    彼女の気持ち…嫌いではないし、今は寂しいから依りを戻したら楽だけど、1度別れるって決めたし…と色々考えている状況だと思います。

    眠りにつく直前の意識が朦朧?としている時に寂しさが湧いて発言してしまうのかと。ただ、別れたと言う事は、何かそれなりの理由、覚悟があっての決断です。
    そして、男は結論をはっきりしたがりますが、女性は結論をうやむやにする傾向が強く、別れの理由など言いにくい事は本音を隠す方が多いと今迄の人生経験から感じています。

    伝えられた別れの理由とその後の行動が共わないのなら、何か別の理由を隠しているのかもしれませんね。
    しかしながら、別れた後でも連絡を取っている現状から、あなたを1人の人間としては今も認めていることと思います。

    相手は女子高生という多感な時期でメンタル面は大学生のあなたと比べてまだまだ不安定です。あなたにまだ気持ちがあるのなら今はあんまりガツガツせず、彼女にゆっくり考える時間を与えてあげることが良いのではないでしょうか?
  • 引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11122455316

2016年6月8日(水)

ページ上部へ