みんなのアンテナ | Yahoo!JAPAN 今日のみんなのアンテナ、暇つぶしまとめサイト

Yahoo!JAPANへ掲載されている「今日のみんなのアンテナ」。見忘れた方もいるんじゃないでしょうか?そんな方のためにみんなのアンテナを過去の分もまとめて掲載しています。電車の中や待ち時間などの暇つぶしにこのサイトをご覧ください!

みんなのアンテナ「知恵袋」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

みんなのアンテナ「Twitter」まとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

「Twitter」リツイートまとめ
全てを見る⇒

曜日ごとに表示

月ごとに表示

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

2015年7月25日(土)

  • 主人が職場の仲間男女混合で温泉旅行に行くことをどう思いますか?

    私たち夫婦は50代半ばで、よく温泉旅行に出かけています
    温泉の種類もいろいろで混浴もよく入っています。
    旅のお土産を時々職場に持っていくことから、主人も職場の仲間に温泉のことを聞かれたり、羨ましがられたりしていたようです
    今から3年ほど前、その職場で気の合う(温泉に行きたいという仲間)者同士6名ほどで、温泉巡りに行くようになりました。皆さん既婚者です。

    これまで、日帰り、宿泊を含めて10数回行っています
    先日ふと、主人が「湯湯着ってどういうのがいいのかな」と言われ、問いただすとその温泉旅には女性が2名ほど含まれていました
    その女性から湯湯着が欲しいけど、どんなのがいいのかなと言われたようで、私がいつも着ている湯湯着はどこで買ったのかと聞かれました
    最初、行きだしたときから混浴風呂の選択が多く、私はてっきり男性だけで行っているのだと思っていて、主人も「職場の仲間」ということだけ言っていてまさか女性が含まれているとは思いませんでした

    主人は決してやましいことはないし、これからもないと、と断言しています。
    仲間と目的地まで行く工程や車の中でワイワイしながら、行くのが楽しいんだといいます。ただ、私は女性がいないものと思っていたので、この温泉旅が気持ちのいいものではありません。
    いくら職場で気の合う仲間であっても、最初から混浴を選択する(温泉に詳しいということで主人が温泉宿や行先を決めています)主人の心理が解りません。逆に男だけで入る方がおかしいだろう?と言われました。

    私は女性がいると知っていたら当初から反対しました。
    まして宿泊を伴う旅行なんて行かせませんでした。
    私はアバンチュール的な気持ちがあり、やましい行動が無いにせよ、疑似恋愛のような、非日常を感じて楽しさを増しているように感じてなりません
    妻や夫以外の人と混浴の温泉に入り、気心知れた中での宴会や会話は楽しいことだと思いますが、私は私の知らないところで、知らない人と楽しくやっている事が気に入らないのです

    なぜ、ここまで私がピリピリしているかというと、実は主人は過去に前の職場で不倫をしていました。
    すでに20年ほど経ちますが、私はその浮気をされたことからトラウマとなり、いまだ主人の行動を疑う気持ちでいっぱいです
    今度10月に秋田の方に旅行に行きます。これで最後にするといいますが、私は行かせたくありません
  • 皆様批判的な意見のようですが、私は質問者様の気持ちが良く分かります。

    普段夫婦仲がうまくさえ行っていれば、そんな不安も感じないのでしょう。
    たとえ20年前の事でも、裏切られたという事実は消えません。
    でも一緒にいることを選んだ以上、その事実を胸の底にしまって、平穏な生活をする努力をされて来たんだと推測します。
    その平穏も我慢によって成り立っているのに、そんな質問者様の心情を察する努力もせず、自分は好きなことをしているご主人…。
    男同士と信じていたのに女性もいた事を知ってしまった質問者様は、20年前の事を鮮明に思い出したと思います。

    …いい歳して…とか…小さい女…と言っておられる方が女性だとしたならば、御主人に裏切られても、御主人が心から反省し誠心誠意尽くしてくれるようになった方か、裏切られたことすら無い方なのでは?…もしくは諦めの境地に至った方…。

    私も色々と裏切られ、傷つけられ、それでもいつかは自分だけを見てくれるようになるはず!…と淡い期待と不安を持つ身なので、質問者様にはとても共感できます。

    私は最近、なぜ主人を信じられないのか、疑ってしまうのか、自分自身に問い続けてきました。見えた答えは「私自身が大事にされていないから」でした。
    私は主人と約20年一緒にいますが、二人きりで旅行に行ったのは新婚旅行だけです。
    私からしたら御夫婦で温泉に出掛けられる質問者様が羨ましいくらいです。

    …で、回答に戻りますが、多分ご主人は何が何でも行くとおっしゃると思います。
    でも今回が最後と言うことなのであれば、
    「最後なら尚更、私も連れてって!」
    と言って見るのはどうでしょう?
    それが無理ならば、絶対に最後にすることを約束してもらい、今後は二人だけの時間を大切にしたいと伝えてみては…?
    傷ついておられる質問者様にとって、御夫婦二人の時間を大事にすることは、一番の精神安定に繋がると思うので…(私だったらそうしたい)

    自分の事ばかり書いて、全然解答になってないですね。すみません(^^;
  • 引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1271743907
  • ファッションを真似する、と指摘されることが辛いです。

    ある友人に、そのコーデ私風だよね!そのスカート私の真似だよね!と、頻繁に服を真似ていると言われます。
    その子の服はややサブカル寄りですが基本的にベーシックな服で流行りに則っているものですし、
    いつも近くにいるため無意識下で参考にしているかとは思いますが、なぜここまで言われなければならないのでしょうか?

    恥ずかしながら今までファッションに関しては疎く、実際その子のコーディネートは自分としてもかなり好みだったので、
    そのアイテムはこう合わせればいいんだ!などと参考にしていた時期もありましたが、あまりにも真似すると言われ過ぎてうんざりしてきました。
    最近はわざとその子と雰囲気を変えてみたり自分らしい!と思ったコーデをしてみたりしていますが、今日は○○ちゃんに似てるね。××って雑誌っぽいね、と言われてしまいます。

    私なりのコーディネートを見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?
    もう真似していると言われたくありません。
  • 友人さん負けず嫌いの性格なのか無意識に質問者さんを下に見てるんじゃ無いですか。
    友人さんみたいなタイプには何を言っても無駄なので、
    私ならファション雑誌の着こなし術を参考に自分磨きをするのに努力に費やします。

    レディースカテの回答見てたら結構他人のコーデ案にケチつける回答者もチラホラ見られます。
    かく言う私もケチつけられたらいい気持ちはしません。
    私はショップ店員でも無いただの素人なんで素人のコーデ案位スルーして欲しいんですけど、
    友人さんと一緒でとにかく何か言わないと気が済まないタイプがこのカテには多いと思いました
    (関係無い話を失礼しました。)
  • 引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13147170838
  • 部下(バイト)が非常識すぎてイライラします。
    私はあまり部下を育てた経験がなく、怒ることも苦手です。
    若い学生アルバイトが入ってきましたが、彼女がまぁやる気が全く見られません。

    遅刻はするわ、平気で休むわ、営業中にべらべら喋る、(販売業です)、お調子乗り、文句言い、とひどいです。
    待機時間に世間話をべらべらしてくるので、聞き流しても空気が読めないので懲りない(?)ですし、なにもできないくせに一丁前に仕事に文句をつける。

    怒ると反省したフリはしますが時間が経てばケロっとしています。
    特に私がナメられているようで、私と二人きりの時にはあからさまにやる気がみられません。
    人手が足りておらず、彼女一人でも辞められると困りますが、全員一致でそれでもやめてほしいと思ってます。

    上司には相談中ですが、しばらく、もしくはこの先一緒に働かなければなりません。
    こういうタイプにはどう対処すればいいでしょうか?
    あわよくば自主的にやめてもらいたいです。。
  • 私の職場にも、まぁ~似たようなのがいます。きっと、気分は学校と同じなんですよね。

    無責任な言い方かもしれませんが、注意してもそのような態度ならもう基本的には放っておくしかありませんよ…
    本人が「浮いてる」「まずいのかも」と気付くまで。

    もしくは、皆さん凄く不本意でしょうが「あなたじゃなきゃダメなのよ」という雰囲気でおだててその気にさせ仕事をさせる…
    うちの上司は最近これを思い付いたらしく、実践を試みているみたいです。
  • 引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14144806579

2015年7月25日(土)

ページ上部へ